自動運転AIプログラミング・セミナー

自動運転AIプログラミング研修

自動運転AIプログラミング研修


自動運転のためのディープラーニング技術や
センサーデータ処理を学べるAIプログラミングのセミナーを実施
ビッグデータ/AIベンチャーのユーザーローカルとアイデミーが開催

研修に関する資料をダウンロード

製造業で働くエンジニア向け
人工知能による機械制御を学ぶセミナー

  • 刺さるコンテンツの制作支援

    画像処理・深層学習による、ステアリング自動操作

  • 記事と読者の関係を分析

    自動ブレーキ・システムを自分で実装してみる

  • 訪問者の態度変容を可視化

    深層学習(CNN)で物体認識

シミュレーターやRCカーを使った実践的な内容

学習用車輌 ディープ四駆(Deep4WD)で実際に走行テスト

研修時には、実車の1/10サイズの車体「ディープ四駆(Deep4WD)」を使って実習。まず人間が運転したデータを取得し、Python、TensorFlow・Kerasによるディープラーニングによって進路方向を自動判定させる。

ユーザーニーズにもとづくキーワードを提案

3Dシミュレーター上での反復学習により精度向上

3D CG空間内を仮想的に走らせることで大量のパターン学習を実施します。リアル・バーチャルの両面から自動運転のエッセンスを学びます。

読まれ方を知って、コンテンツをきちんと評価

作ったAIモデルを使ってレースを開催

研修最終日には、研修で作成したモデルを使って、1/10サイズのRCカーで競走します。

ソーシャルメディアでの発信力を向上させる

自動追尾によるオートクルージング実装

センサーデータやカメラ画像により、前の車を等間隔の距離をあけて追尾する仕組みを実装します。

ソーシャルメディアでの発信力を向上させる

信号機や標識などの物体認識AI

ディーブラーニングによる物体認識を使って、道路上の物体や信号をAI判定するための実装方法を学びます。

ソーシャルメディアでの発信力を向上させる

作成したプログラム、モデルを持ち帰れる

研修時に作成した自動運転用のソースコードや、生成されたディープラーニングのモデルは研修後も引き続き業務でご利用いただけます。

資料をダウンロード

このセミナーに関する資料をダウンロードいただけます。こちらのフォームにすべてご記入ください。